のんびり毎日

のんびり毎日徒然。最近激しく小銭を貯めてます。

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

!!

2017.06.29 (Thu)
もう今年上半期終わり?
梅雨はどうした?!

先月久方ぶりにお会いして連絡先もらった姐さまのイベントがもう来月。
忙しそうだからFacebookからメッセージ送ってみたけど音沙汰なし。
明日電話してみよー、と思ってたんだけど、そう言えば家の中でスマホなくしたって言ってたな…。

ワイルド。

だからなんだ。

ヒマなんだ。




いつぞやのもくもく雲。


スポンサーサイト

また

2017.06.28 (Wed)
観に行ってしもたん。



トイレ、綺麗に使います。

親不知その後

2017.06.27 (Tue)
3月に削り取った親不知のその後。
散々ビビらされるも5日程で腫れはひき、3ヶ月が経ったので経過を見てもらいに病院に行ってきました。

私の親不知は斜めに生えようとして奥歯にぶち当たり、どうにもならずに歯茎内に収納されていた不憫な歯でした。
で、歯茎を切開して顎の骨から出ている部分(奥歯に当たっていた所)と骨の一部を削り取ってうまいこと処置してくれたらしいです。
そうすることにより、邪魔がなくなった親不知は神経を気にしない所まで生えてくるか

または

数年かけて顎の骨と同化するかもしれません。

という、人体の神秘!的な賭けをしておりました。
願わくば骨と同化で…。もうまた抜歯とかであんな腫れるのは嫌なんだ…!

まあほぼほぼ骨になっちゃうと思うんだよねってことでしたが、レントゲンを見てみると、残念ながら親不知、浮上していました。

先生がなんだか言いにくそうに
「あー…、動いてるねえこれ、生えて来るよ。たぶん、気持ち悪い感じで…。」

気持ち悪い感じとは?
昔、子供の頃に一番奥の歯が生えてきたみたいな感じですか?
と訊いてみたら

「いや、もう歯のカタチとしては生えてこない。
砕けた骨みたいな、ガラスの欠片?みたいのがボロボロボロって。ジャリジャリって出て来るよ。」

なんだその、そいつはもう人間じゃないんだみたいな感じ…。
しかも歯茎を突き破って出てくるらしい。
進化を途中で邪魔されたバケモノかよ。
想像ができません。


ところで、今回は右下の親不知をなんとかしたのですが、実はあと3本もちゃんとレントゲンには写っていました。
とりあえず左下は…保留にしました。特に痛みとか感じたことがないので。
ただ、先日鏡で自分の顔を観察したら、右側のフェイスラインが若干シュッとしているんですよね。
これが親不知の処置のおかげかどうかは先生もなんとも言えないらしいのですが、もしもそうなら左下も親不知削るべきなのか。

でもそうすると左側からもバケモノ誕生する可能性があるんだよね。
悩ましい。


ランキング参加してます。
クリックしてもらえたら嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
にほんブログ村




「殺人犯超美男子www」

2017.06.11 (Sun)
先々週は仕事を詰め込み
先週は仕事と遊びを程よく詰め込み。
非常にリア充っぽく過ごしておりました。



チケットをもらい、前情報無しにジャズピアニストのコンサートかな~?と思って行ったらクラブイベントちっくで結構楽しんだロバート・グラスパー エクスペリメント ジャパンツアー
とか。



某コンサートホールの親子ゾーンにてベビーシッターとか。
その後荒くれて飲みに行ったり。
とか。

なんだか諸々ポロポロなかなかに楽しんでおりました。


で、土曜日も野暮用でちょい出かけてたんですが、本日、楽しみにしていた映画、藤原竜也&伊藤英明主演の
『22年目の告白-私が殺人犯です-』
(↑最初の10分くらいが観られます)
を観て来ました。
ところで金曜日のTBSドラマ『リバース』の藤原竜也も衝撃的で…。
え、じゃあ藤原竜也、その告白?
それとも中学の時の同級生との殺し合い?
じゃなくて高校の時に「神だ!」とか言ってた時のこと??
とか、お疲れマックスのせいか深夜の意味不明なテンションで楽しみにしてたんです。
他の映画は関係ナイけど、藤原竜也ってだけで殺人事件が多すぎなイメージ…。

映画の感想は、とにかく面白かったです。
以上!
殺人犯が題材だから、多少のグロさはあったけど、すごい面白いし観た後に嫌な気持ちは残らないです。
ただ、藤原竜也演じる殺人犯・曾根崎をあらすじなどで「クソ人間」的な表現をしていたけれども、顔出ししたイケメン殺人犯を持て囃す人々の方がよっぽどもクソじゃないかと、そこだけは気分が悪くなりました。実際の事件がいろいろよぎるし。
話題になる、分母が大きくなると、みんなそうなの?私も実はー。ってなっちゃう心理はホント怖い。
しかしながら藤原竜也はやっぱりこうでなくっちゃー!!って感じ。
演技の迫力もさることながら、「美男子」だの「イケメン」だの散々言われても耐えられる藤原竜也のビジュアルホントすごい。
てかホントにかっこよかった。
うん、私も実際には殺人犯持て囃すかもしれない。笑笑
なんつってね。
何回藤原竜也って書いたんだろ。
藤原竜也堪能する為にもう一回観に行きたいです。

はぁ~(〃ω〃)

ねよ。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。