のんびり毎日

のんびり毎日徒然。最近激しく小銭を貯めてます。

義援金について考える

2016.04.18 (Mon)
ちょろちょろ検索してて今知ったんだけど、義援金と支援金って違うんですってー。


木曜日の夜、母と話していて
「あれっ?地震?」
別に揺れてないのに変だなと思いつつシャンデリアを見てもやっぱり揺れてない。
野生の勘?不思議なことがあるもんだ。


何日も何日も余震余震本震、と、大震災を経験したことのない私にはホントに想像できない。
熊本にいる友達は大丈夫かしら?と思ったけど、安否確認の連絡は家族とかを優先すべきかなと、とりあえずTwitterを見守ってました。
そしたら家や敷地がめちゃくちゃになってたけど、ご近所さんと助けあってなんとか無事な模様。良かった。
できるだけ被害が広がらないといいな…と願いつつ、願いよりも少額でも募金だねっと、facebookの「あなたのいいね!で10円支援します」みたいなのをボチボチクリックしながら、振込先を調べていました。

日本赤十字社
平成28年熊本地震災害義援金
各種カードのポイントなどを利用して募金
↑三つとも日本赤十字社の公式サイトです。
クレジットカードのポイントでも募金できるとは。

んで、これいいじゃんと思ったのが

【Yahoo!基金】熊本地震災害緊急支援募金
こちら、Tポイントで1円から寄付できます。
さっそく試しに期間固定ポイントを寄付してみましたが簡単にできました。
集まった金額が概算で表示されているのもなんかいい。

楽天クラッチ募金
楽天スーパーポイントならこちら。
楽天ID決済で100ポイントから寄付できます。
こっちもやってみたけど簡単。

Tポイントも楽天ポイントも、また期限切れるよ~っていうポイントがあったのでちょうどよかったです。




募金…と言えばふと思い出したんだけど、国内外で天災が起こる度に駅前で募金を集ってくる人たちが出現するからあれは要注意です。
私は街頭募金をやっているとパンフをもらったり小銭を入れたりしてしまうのですが、中学生の時に嫌な思いをしたことがあります。
駅前で声を掛けられ、紙製の小さな箱に、いつものように小銭を入れようとしたら、住所氏名を書くようにバインダーを差し出され(書いたかどうかは失念)

「寄付の金額は皆さんこれくらいなんだけどいくらにしますか?」

と、それまで隠れていたバインダーの金額部分を見せてきました。
そこには5000円か10000円かの金額しか書いてなくて、田舎っぺ中学生はビビリましたよ。
え、、こんなに払えないんですけど…的な事を言ったかな?そしたら

「じゃあいくらなら払えますか?」

「今いくら持ってるの?」

「皆さんこれくらい払ってるのに?!」

と。

もはやカツアゲ…。

子供がそんな目に遭ってるの、客観的に見たらすごく可哀想だけど、遭遇したのは自分だから言ってやる。
悲しい目に遭ってるのはお前がお人好し面ひっさげて歩いてるからだよー!!
私のバカー!
なーんであんな胡散臭いのにひっかかっちゃうかなーもー。
思い出すと自分にムカつく。

結局逃げたか千円くらい払ったか昔過ぎて覚えてないけど、よい勉強にはなりました。
募金をするなら、きちんとしたとこに送金すべしです。
彼らは今も繁華街の駅前で募金活動してると思います。
調べてみると、集まったお金はダークな経費をずいぶん差っ引いて少しは被災地に送ったりしてるみたいだから、いいっちゃいいんだろうかー?って思ったけど、逆に悪質だわ。

これをご覧になったお人好しの方、もしもいらしたら、繰り返しになるけど、せっかく募金するならきちんとしたところに送金した方がよいですよ(T∀T)
「そんなのに引っかかるのはお前さんくらいだ」って言葉はグッと飲み込んでください。

そして塵も積もれば山になる、です。
無理して大金を寄付する必要はありません。できる範囲でやればいいと私は思います。

コメント


管理者のみに表示